本文へスキップ

飽くなき情熱と、きめ細かい配慮で、お客様の発展をお手伝いします

TEL. 0133-74-8833

〒061-3241 石狩市新港西1丁目742-10

2018年度 年頭のご挨拶 

 34回目の新年度を迎え、清々しい気持ちでおります。なぜなら、昨年度は売り上げ目標と利益目標が達成できたからです。また、エースグループの全員に賞与を支給出来たからです。今まで東北地区は中々利益が出ず支給しておりませんでしたが、昨年末に賞与を支給する事が出来ました。これからもずっと支給し続けたいと思っております。
 今年度から、私はエースの会長に成ります。会長(CEO)最高経営責任者となり今後の会社の方向性を決める立場に成ります。そして、執行責任者を前専務の中野社長(COO)にお願いして社長として采配を振るってもらいます。
 経営と実務の役割分担をする事により、よりスピード感を持って経営執行がスムーズに行くのではないかと思います。私は、高所大所からエースを見守りながら方向付けを行う事とします。また、道南エースの方も私は、会長(CEO)として今まで通り最高経営責任者として執行をして参ります。執行責任を眞鍋社長(COO)が社長としてかじ取りをします。
 東北に於いては、株式会社エースの松村部長に株式会社関東エースの東北担当の常務執行役員として采配を振るってもらいます。その他にも人事異動で皆が仕事をしやすい環境を作って行きます。
 今後も仕事の出来る者に役職を与え執行をしてもらう事とします。勤続年数や学歴に関係の無い人事で、やる気の有る者が伸び伸びと仕事が出来るようにしたい。
 北海道地区に於いては、今年も二年連続でニトリ(ホームロジスティクス)様より、チャンピオンベルトをいただきました。ニトリ様の全国幹線輸送配送業者約300社の中で一番を取ったのです。輸送品質の良さが認められました。その他色々な業者様からエースの品質の良さが認められております。
 今年度は念願の大型倉庫(3,000坪)が9月に竣工します。これはAIやIOTを使った最新式の物流センターとなります。色々な機械を使って人間を極力減らした24時間365日対応の倉庫となります。これにより、ドライバーの待機時間が限りなく0となる事でしょう。輸送効率と配送効率を高め、倉庫内での人件費を減らして、ローコスト・オペレーションが確立されるものと思われます。当社は、荷主様に最高の物流を提供し荷主様の発展のお手伝いをする事を基本的な考えとして経営を続けて参ります。
 また、今年度は東北での仕事が増えます。コープ様の多賀城カットセンターの運営と配送の仕事をさせてもらいながらチラシの配送も引き受ける事に成りました。ホクリョウ様のたまご配送も今年の秋口からスタートします。管内のスーパーなどにたまごを供給する仕事です。また、サンゲツ様の仙台センターの仕事も少しずつですが増えてきております。山形に於いても営業を掛けて数社との取引が決まっております。
 関東地区に於いても、たばこの配送やニトリ様など沢山の荷主様から仕事を戴いて居ります。宇都宮と三郷でのニトリ様の宅配をスタートさせております。今後も業容拡大につなげていくものと思われます。
 ドライバー不足が顕著になっておりますが、エースでは、働き易い職場環境を整えていっております。エースの魅力を伝えながらそして、現在活躍しているドライバーやパートの働く環境を少しでも良くして今後も辞めない経営をして参ります。家族的経営を貫きます。

 念願の農業法人も北広島に開設しました。ここは、林美奈が農場長として采配を振るいます。エースグループの社員と家族に収穫した野菜などを秋口に配るのが目的です。沢山の収穫を期待しています。
 また、福祉施設などにも収穫物を配り、世の中の役に立つ事をします。近い将来には、イチゴ畑も併設して誰でも気軽に来てもらえるような農場にしたい。最終的には、観光農園を開設して子供から高齢者までが集う施設を作り、動物セラピーを併設して心の病を患っている人々の治療に役立てたい。運送業を経営しながら市民の役に立つ農園を経営していきます。
 その目標が達成されるように今年度も頑張ります。頑張り過ぎない様に時々遊んで英気を養いますので安心して下さい。海外旅行に3回行く予定が入っております。

平成30年5月
株式会社エース
代表取締役 林 博己

バナースペース







株式会社エース

〒061-3241
石狩市新港西1丁目742-10

TEL 0133-74-8833
FAX 0133-73-7507

エースグループ